M&Aによる企業の合併は合理化策

M&Aによる企業の合併は同じ業界の中で、頻繁に行われています。こうした企業の合併をしていくことによって、合理的な経営を行っていくことが出来ます。業界全体の収益が悪化しているということになれば、今までのように、いくつもの大きな企業が生き残っていくということは、とても難しくなっています。こうしたM&Aを行い企業を合併していくことは、業界を再編していくということにいても、大切なことです。合併をするということは、企業の経営を合理化していくということだけではなくて、資本を強化していくという意味合いもあります。多くの大企業は現在激しいグローバル競争に強制的に巻き込まれています。海外への進出を果たしていくことは、企業活動を行っていく上で必須なことであり、世界的な企業と渡りあっていくには、それ以上、もしくは同等の資本力が必要になります。合併をするということは、国際的な競争力を強化していくということにおいても、とても大切なことです。こうしたことによって、企業は海外でも戦っていくことが可能になります。競争が激しいものになっているということを表している現象がM&Aという企業買収であるということが言えます。現在の企業において、合理化はとても大きな課題になっています。

企業の合併によるM&Aについて

日本企業のM&Aの手法として企業の合併で特徴的なのは対等合併というやりかたである。特に大型合併の場合には対外的に吸収合併といわずに対等合併という言葉を使う。一つは組織内でのむやみな争いを避けるためにそうした名称を使う日本的な文化の表れがそうさせていることも大きい。またこうした合併の場合、大きく打ち出されないものの支店、営業拠点の統廃合からはじまって、事業部門の統廃合など、実は人員削減も並行して行われることが多く、建前上の合併とは異なる人員削減としてのM&Aの効果が発揮されることが多い。こうした大型合併は景気後退期に行われやすいことを考えてもよくわかる話である。海外系の企業でいうと殆どの合併はどちらかがどちらかを飲み込む吸収合併か買収という形で示現するため、社会的な印象も金融マーケットに対するインパクトも日本企業の合併に比べるとかなり大きなものになるのが特徴であるが、こうした対等合併を打ち出した日本的な方法は独特の事業戦略として非常に注目すべき点が多いものである。特に従業員に与える影響が表面上少ない、ある意味でモラルハザードをおこしにくい手法であることも大きなメリットして上げられるであろう。